ヒプノ赤ちゃん・未妊セラピー


ヒプノ赤ちゃん


ヒプノ赤ちゃん(催眠出産法)は安定期に入った妊婦さん対象の自然出産プログラムです。


本来、高リスクの場合を除く大半の女性にとって穏やかで落ち着いた出産をすることは可能です。

 

しかしながら、分娩に対するネガティブな情報が飛び交っているためその情報を積み重ねていくうちにネガティブな暗示がかかり緊張や恐怖を作り上げてしまいます。

 

出産経験のある方のネガティブな体験談や心無い親族からの言葉が植え込まれ望んでいた「赤ちゃんを授かる」ことへの喜びが不安と恐怖へと切り替わってしまい、妊娠という女性が一番美しく輝くと言われる時期を楽しめなく出産という経験を緊張のまま迎えようとしている方が多くいらっしゃると思います。

 

ヒプノ赤ちゃんでは日常、耳にしているネガティブな言葉や思い込んでいる感情を解放させ、リラクセーション、自己催眠法、呼吸法を用いながら女性が本来備わっている体の機能を引き出していきます。

 

受け身ではない自分たちの出産を積極的に取り組む出産法【ヒプノ赤ちゃん】はヒプノセラピーを用いて赤ちゃんとの絆を感じられる胎話法や親になっていく心の準備のサポートをいたします。

 

当サロンでは個々の出産をサポートすることを大切にしておりますので、個人セッションをさせていただいております。

 

セッション場所に関しましては妊婦さんの体調を配慮しご自宅へ出張させていただいております。(ご自宅以外をご希望な場合はお申し出ください)

 

また、ヒプノ赤ちゃんクラスは基本的にパートナーと受講していただきますが、ママとしてしっかりと赤ちゃんとの絆を作り出産を迎えたい妊婦さんだけでもお受けいただけます。



ヒプノセラピーとは


私達の心には「顕在意識」と「潜在意識」という2つの意識があります。

 

「顕在意識」とは普段の自分や周りを認識している意識のことをいい、「潜在意識」とは記憶やイメージをしている意識、いわゆる無意識のことという2つの意識があります。

 

そしてこの顕在意識と潜在意識の間にはクリティカルファクターという膜がありこの膜は8~9歳ごろ出来上がります。

 

例えるならお母さんやまわりの大人たちに 怒られないように我慢をしてみたりする自分の心を守るための膜をつくり始めます。

 

そんな幼い頃の辛い体験の記憶などを残した場合、それが元になって大人になってからも膜の下に眠る癒されないインナーチャイルドが存在をアピールし自分自 身を苦しめ生き難くしていきます。

 

ヒプノセラピーでは無意識の深いところに眠る自分の心とコミュ二ケーションを図り本来の自分を受け入れ解放していくセラピーです。

 

また、ヒプノ(催眠)セラピーと聞くと相手(セラピスト)に思いのまま操られてしまうのではと思う方もいらっしゃるかもしれませんが催眠状態に入っても意識ははっきりしていますので不具合があれば拒否ができますのでご安心ください。


どんなことを学ぶの?


ヒプノ赤ちゃんクラスでは 12 時間の間に下記の内容を学んでいただきます。

 

基本的には1日3時間×4回で開催しますが、体調やパートナーの方のご都合を配慮しアレンジさせていただきます。


〇催眠出産「ヒプノ赤ちゃん」とは(理念)

植え込まれたネガティブな暗示を取り除く

ヒプノ赤ちゃん出産における家族の役割の重要性

身体反応の法則 恐れを取り除く

お産と自律神経の関係

子宮層の働き

しあわせホルモンエンドルフィンについて

パートナーと共に出産・育児への恐れ・心配に対する棚おろしワーク 

 

〇暗示のマネジメント

ポジティブマインドと「暗示の法則」 身体への影響(身体は心に従う)

言葉と思考の引き寄せについて 繰り返しの法則

モチベーションの法則 モチベーションを高めるための自己効力感を身につける

 
〇催眠出産「ヒプノ赤ちゃん」技法

分娩中と自己催眠について 

呼吸法(リラックス導入呼吸法・風船呼吸法)

自己催眠とリラクセーション 

アンカーについて

しあわせラヴィングタッチマッサージ

各ビジュアライゼーションの習得

アファメーション 胎話法 自我強化法

セルフヒーリング(聖母の祈り・インナーチャイルドケア)

出産立会人の役割(寄り添いの技術) 

 

〇介護人と分娩環境を選ぶ

出産の主役は誰?

自分たちだけの本当のバースプランを描きましょう

 

〇知っておくこと   

ヒプノレアレンティング(親になる喜びと準備)

 赤ちゃんへのラブレター作成

 助けが必要な兆候

 自然分娩を促す方法

 母乳のすすめ

 

〇お産の経過

 お産の前ぶれから出産・分娩第4期までの流れをイメージ

 呼吸法(つるりん呼吸法)

 総復習


未妊セラピー~この時間があなたの未来を輝かせるチャンスです! ~


未妊セラピーは、赤ちゃんが欲しいのになかなか授からない方のために考案されたヒプノセラピーです。

 

身体には問題がなく「原因不明」という診断を下されている方は20%と言われています。

 

未妊セラピーでは心の深い場所に眠っている感情的・心理的な要因を探り、開放していくこ とで、妊娠する力を最大限に引き出していきます。

 

「ほんとうに赤ちゃんを授かりたいのか」

「なぜ欲しいの?」

 

という自分の心の整理をするこころの準備にも最適なセラピーです。

 

また、未妊セラピーは医療行為を否定するものではありません。

 

体外受精のような人工的な懐妊手段を選ぶ場合でも、未妊セラピーを併用することにより、心と身体と向き合いより妊娠へと繋がる可能性が見込まれます。

 

セラピーの内容として、下記の療法を行っています。

 

年齢退行療法

幼少期の辛かった経験が植え込まれていることからくる場合があります。年齢退行は過去のトラウマやインナーチャイルド癒し解放していく療法です。

 

 

リラクセーション

ストレスが未妊の要因の一つと言われています。ストレスは自律神経を乱し妊娠に必要なホルモンの分泌を妨げます。リラクセーションは、ゆったりとした呼吸をしながら自律神経を整えホルモンの分泌を正常に回復させていく療法です。

 

暗示療法

私たちの思いや感情は身体反応と深く結びついています。

 普段使っている言葉を見直しネガティブな表現を表す言葉を書き換え囚われている思いを解放し達成イメージを潜在意識に植え込み未来へ繋げていきます。

 

未来療法(FIT)

FITとは、なりたい自分(ゴール)を具体的にイメージし、今の自分と理想の自分との同一化と融合、そのプロセスと未来の理想の人生を確認していく療法です。

 


注意事項

*ヒプノセラピーは医療に代わるものではありません。精神科や心療内科に通院されている方、現在お薬を服用中の方は主治医の許可がない限り施療をお受けできません。また、通院されていなくてもこちらがお受けすべきでないと判断した場合も同様です。ご了承ください。

また、いかなる宗教団体とも関係ありません。


アクセス